記事一覧

平成25年度石巻地方政策調整会議

ファイル 231-1.jpgファイル 231-2.jpg

24日石巻合同庁舎で平成25年度石巻地方政策調整会議が行われた。石巻市、東松島市、女川町から首長始め執行部、県地方機関、地元県議6名と全員出席のもと、震災復旧・復興に向けた石巻圏域の県主要事務・事業について、2市1町からは復旧・復興に向けた取組について説明を受けました。ハード面の復旧状況、グループ補助金、雇用、こころのケア、観光、農地復旧、風評被害などについては意見交換も行われた。

石巻市街地について

ファイル 229-1.jpgファイル 229-2.jpg

今、石巻市街地の再開発について様々議論されております。まず始めに審議会がスタート、提言を出したのかと思ったら、再生に向けてコンパクトシティいしのまき・街なか創生協議会が中心市街地活性化の見直しを提案するという。これからの都市を考えた時、仮設商店街の今後、街づくりの手法、そして政治、文化、商業をどのような視点・考え方でマッチングしていったらいいのか、石巻専修大学の李東勲准教授を訪ね、意見交換してまいりました。

運動会日和

ファイル 228-1.jpgファイル 228-2.jpg

18日の土曜日、石巻市河南では5つの小学校で運動会が行われました。五月晴れとも言うのでしょうか、素晴らしい空の下、子供たちの元気な声が響き渡りました。来賓として赤白応援合戦の審査委員を頼まれたり、来賓ゲームたが回しリレーに参加したりの一日となりました。本部テントには地域の行政委員や民生委員の方々が居られ、校長先生と共に学校や地域の問題、要望等の話があり、大変有意義な活動にもなりました。

宮城県石油商業組合陳情

ファイル 226-1.jpgファイル 226-2.jpgファイル 226-3.jpg

14日宮城県石油商業組合・宮城県軽油取引税納税貯蓄組合連合会による交付金に関する陳情書の提出に同席いたしました。はじめに村井知事から同組合に対し3・11対応への感謝状の伝達がありました。これから陳情という矢先、村井知事から出ばなをくじかれた感がありましたが、佐藤会長も成就するまで何度もまいりますと負けてはいなかったように思います。彼とは商工会青年部長時代からの長いお付き合いですが、変わらない人間であります。その後中村議長にも同陳情書を提出いたしております。

安倍総理視察

ファイル 224-1.jpgファイル 224-2.jpg

安倍総理が12日宮城県に入った。女川町ではこれから始まる復興住宅の現場を視察、須田町長から女川町の再建計画を聞かれた。また、トレーラーハウス宿泊村を視察、実際にハウスに入り使い勝手を体験された。午後からは航空自衛隊松島基地を訪れ、隊員へ激励訓示、慰霊碑献花をされました。野蒜地区では防災集団移転事業、土地区画整備事業の説明を受けられ、仙台に向かわれました。強行スケジュールのようですが、健康には気をつけて頑張ってもらいたいものです。

熊谷大参議院議員国政報告会

ファイル 223-1.jpgファイル 223-2.jpgファイル 223-3.jpg

10日江陽グランドホテルにおいて熊谷大・国政報告会が行われた。講師に自由民主党東日本大震災復興加速化本部本部長の大島理森代議士を迎え、これからの復旧・復興について、これからの東北の在り方について熱弁された。熊谷衆議院議員からは、教育再生プロジェクト、3・11イレブンの活動が報告されました。大島先生は若い時はいい男だったと語られましたが、今でも正直言ってカッコいいと思います。お世辞ではなく。

豊作・復興祈願祭

ファイル 222-2.jpgファイル 222-3.jpgファイル 222-4.jpg

10日北上川沿岸土地改良区主催の平成25年営農再開「豊作・復興祈願祭」が行われた。大川地区(針岡工区)の約13ヘクタールにおいて震災後初となる田植えがおこなわれました。この地域は他地区に比べても大変甚大な被害を受けており、3・11から2年2ヶ月、待ちに待った営農再開であります。この復旧事業、農地整備事業が無事完了を迎え、しっかりとした地域振興が図られるよう我々議員は精一杯頑張っていくことを約束し、祝辞といたしました。

客船「ふじ丸」入港歓迎式典

ファイル 221-1.jpgファイル 221-2.jpgファイル 221-3.jpg

来月引退する「ふじ丸」が5年ぶりに入港いたしました。大漁旗でお迎えし歓迎式典が行われた。復旧・復興そして振興発展、港の賑わい創出が目的ではありますが、いつまでも支援・協力に甘えてばかりではいけない。これからも砕氷艦「しらせ」、客船「ぱしふぃっくびいなす」、外国客船「オーシャンドリーム」、帆船「日本丸」が寄港の予定であるが、一日も早く元気になった石巻港を見せたいものです。

新潟県行政視察

ファイル 220-1.jpgファイル 220-2.jpgファイル 220-3.jpg

5月7日・8日と新潟県議会を訪ね行政視察を行ってまいりました。新潟はコートが必要なくらい寒い日となりました。7日は観光振興課の宣伝企画グループから「新潟、うまいロケ地ガイド」の話をお伺いいたしました。映画人・シネマ通が食べたロケメシ、ロケ地の紹介を冊子にして観光客を呼んでいる話、ロケ実績や経済効果など宮城県でも取り入れる要素はあるようだ。児童家庭課ではにいがた出会いサポート事業の概要と実績についてお伺いいたしました。大変失礼ではありますが、少ない予算にしてはカップ率43.5%はりっぱなもので、27組もゴールインしているという成果は見習うべきかと思う。8日は産業振興課が取り組む新エネルギー導入に関する取り組みについてお伺いいたしました。新エネルギーの個別分野総体で4年後には目標を達成するという計画、家庭用太陽光発電の普及率を全国平均までもっていくなど意気込みが感じられました。

朝日山計仙麻神社神輿渡御と鹿嶋ばやし

ファイル 217-1.jpgファイル 217-2.jpg

28日朝7時半から朝日山計仙麻神社神輿渡御出発式がありました。旭山山頂はやはり寒いのであります。神事のあと午後2時半まで巡幸するのですから氏子青年会といっても厳しいものがあります。8時からは河南鹿嶋ばやし祭典出陣式がありました。今年の山車はやはり「八重の桜」で射撃の練習をしている場面でした。毎年この山車の飾り付けは大変なことでしょう。子供たちが元気に鹿嶋ばやしを継承していることが誠にうれしいかぎりです。