記事一覧

笑いこけた東京名人会

11月20日遊楽館かなんホールで宝くじ文化公演が行われた。三遊亭円楽、堺すすむ、林家木久蔵、三遊亭楽大、北見伸&スティファニー、三増れ紋、2時間半があっという間に過ぎてしまうような厭きない時間であった。イリュージョンマジックにはビックリこきました。あんな近くで見たにもかかわらず、どうなっているのかわからない、いやー不思議である。まぁカラクリがわかっていたらマジックにはならないか。堺すすむが最高であった。涙流しながら笑いこけました。あえて言わせていただければ、落語大好きな私としては、円楽には古典をやってほしかった。芝浜・火焔太鼓・文七元結・三年目・柳田角之進・三軒長屋など、聴きたかったなぁ。

田中文部科学相あんたが不認可だ

3大学でゴタゴタしていた真紀子さん、今度は朝鮮学校無償化だって、朝鮮高級学校は全国に10校あるそうな、無償化されれば授業料2億円が我々の税金から支給される。おかしくないですか。今北朝鮮には経済制裁を行っております。経済制裁を行っている国に支援するのですか。拉致問題だって何ら進展していないではないですか。いいかげんにしなよ。この大臣認可出来ません。不認可です。

NHK日曜討論を観て

日曜日というのに朝から具合いが悪くなりました。あの方何という方でしたかね。民主党の国会対策委員長・・・・山井和則さんです
。女川町、石巻市の被災地では「こんな時解散なんてしないで復旧復興だ」と言っていた。これが被災地の声だと。バカ言ってんじゃない、あんた達が無能だから復旧復興が遅れているのだ。この遅れをこのまま野放しにするのかしないのかが争点なのだ。君には国対は無理だ、早速辞めて下さい。被災地を思うのであれば躊躇なく。
だいいち法案を人質にとってなど言うべきではない。いつまでも野党のせいにしていないで、自分たちの責任ということを考えてもらわないと子供のままですよ。とにかく支持率17~19%なのだから今の内閣では国民はダメなのであります。早く解散すべきである。

人騒がせな文部科学大臣

まともではない。任命した方もおかしいからしょうがないのかもしれないが、保育児童より劣る。不認可とは認めないということであり、許可とは認めることである。相反するのである。それが同じところに着地するのであるからすごい。3ヶ月たっても「近いうち」がまだ来ないのもなるほどである。いいかげん茶番劇はやめて、政権を返上した方が現政権のためだと思いますが。私の親切心である。

2012年度「現代の名工」

2012年度厚生労働大臣表彰「現代の名工」が発表され、本日東京都内で表彰式が行われる。今年は150名で、わが宮城県からは私の地元・石巻市の後藤春雄様が選ばれました。石巻市にとって、いや宮城県にとって誠に名誉なことであり、うれしい限りであります。宮富士工業は3・11では社屋・工場が全壊の被害を受けましたが、社長はじめ社員一丸となっていち早く工場再開を行っております。この度の受賞は宮城県のものづくり工業に明るい光を与えてくれたものであります。後藤春雄様には健康に留意され益々のご活躍をご祈念申し上げます。誠におめでとうございました。

文化の日表彰

ファイル 67-1.jpgファイル 67-2.jpg

平成24年文化の日表彰において、図らずも小生が村井知事から県治功労を受賞することになりました。今野隆吉先生、渡邊和喜先生、佐々木征治先生と共にとはさすがの私でも少々気がひけました。県議会議員として11年目に入ったのだなぁという感じと、この石巻・女川の復旧復興を一日でも早くしなければという気持ちでいっぱいになりました。

なんでもいいのか

石原東京都知事が辞めた。病気ではなく、80歳にしてまだ政界に残るようだ。国会議員に愛想をつかし辞めた方がまた国会議員に返り咲くというのであるから大したものである。若いです。考え方には共鳴するところは多い方ですが、今回はいただけない。原発も消費税もTPPも小さいことで一緒にやっていくことで政策を論じていけばいいと発言いたしました。ちと乱暴である。たちあがれも維新もみんなもガラガラポンという訳にはいかないでしょう。それにしても各党の方々がコメントしていますが、新潟の田中元総理の娘さんは言う資格はないと思いますけどね。それから、宮崎県知事を途中で投げ出した東国原さんその気になってるんじゃねーぞ「都知事ゼロではない」って。

復旧工事着々

ファイル 59-1.jpgファイル 59-2.jpg

昨日は復旧工事着工式ラッシュであった。
13:00から東松島市・定川河川災害復旧工事、15:00から
女川湾口防波堤災害復旧工事、いよいよ形になって動き出しております。どちらも27年度までにはということであるが、一日でも早く完成するよう願いたい。

復興予算

私が大震災復旧・復興対策調査特別委員会総括質疑で問題にしたことが、やっと現内閣のお尻に火がついたようだ。しかし民主党の次のホープと目される細野政調会長という方はおかしいのではないでしょうか。来年度予算から注視していくなんて脳天気である。あの方が民主党の代表候補とはあの党は末期だ。そもそも19兆円の復興予算は被災地に充当すべき予算であり、沖縄の国道工事7億円、
経産省の国内立地補助金3000億円、外務省の青少年交流事業に72億円、反捕鯨団体対策費に23億円etc 4分の1の4兆円をいいかげんな理由づけで被災地以外に配分することはあまりに被災地をバカにしています。反捕鯨などは牡鹿の漁業のためだという理由づけまでしている。ひどいものである。岡田副総理はお得意の事業仕分けをすると発表いたしました。「あなた方が編成した予算をあなた方が仕分けをする」のですか。あの方もまともではないようです。民主党さんでは所詮無理だったのです。一日も早く下野して下さい。このことは日本国のため日本国民のためなのです。

9月議会閉会

1ヵ月もの長い議会が終わりました。
環境生活農林水産委員会は予算も内容も数多く、長時間の審議が続きます。かさ上げ、防潮堤、がれき、放射能、水産特区etcいま宮城県が抱える問題が集中しているのです。被災地の現状を思うにつけ必死に頑張っております。それにつけても現内閣が行った復興予算の配分はあまりにいいかげんである。被災地をなめているというほかない。早急に解散して民主党さんには消えてほしいものです。

ページ移動