記事一覧

歳です

雪かきで腰が痛いとか両腕の感覚がなくなったと書いたら、ある議員さんから「あたりまえだ。いい歳なんだから」と言われました。しかし、私はまだ59才であり、彼はもう70に近いはずだ。それにしても彼は図太く生きていらっしゃる方だ。

大雪

いやいやずいぶんと降りましたね。御蔭で朝から雪かきです。こうなると我が家の裏の駐車場はいらないですね。完全に腰を痛めましたし、両腕の感覚がなくなりましたよ。やはり歳ですかね。

NHK大河ドラマの主役

主役を張ると視聴率が気になるようだが、私はいつもこの主役では格好良すぎるとか美人過ぎるとかという視点で観てしまう。視聴率を取るためには仕方ないことかもしれないが、写真が現存する歴史上人物ではどうもピンとこない。平清盛も江も義経も直江兼続も山本勘助も山内一豊も宮本武蔵も想像して楽しめばいいのですが、坂本龍馬は懐に手を突っ込んでいる写真を残している。あの馬面を福山雅治が演じる。篤姫も若い時ではないが写真がある。やはり宮崎あおいの可愛らしさではない。新選組の近藤勇も香取慎吾とは似ても似つかない。今回の新島八重も写真が残っているが綾瀬はるかのようなスタイルではない。まぁいいか。楽しめれば。いちいちそこまで気にかけて観る必要もないし。今回は会津魂を見せていただきたい。「八重の桜」には期待しております。

「八重の桜」スタート

NHK大河ドラマ「八重の桜」が始まった。NHKも相当力が入っている。それもそのはず「平清盛」があまりに低視聴率だったのである。私も時代物は好きですが、これはいただけなかった。キャストは豪華でしたが、あの時代にあまり興味がわかない。そして画面が汚さすぎた。初回平清盛17.3%に対して八重の桜21.4%。特に福島地区では30.7%という数字を出している。最近の年間平均でも平清盛が12%で最下位、ちなみにトップは「篤姫」24.4%、「天地人」21・2%、「功名が辻」20.9%、「義経」19.4%、「龍馬伝」18.7%とつづく。今回の「八重の桜」は会津が舞台である。あくまでも、会津藩の家訓「徳川将軍家の藩屏たらん」そのものである。什の掟「ならぬことはならぬ」のである。薩摩・長州の方々はよーく観てほしい。あそこまで会津を叩き潰す必要があったのか。

復興に前向き発言

太田、甘利両大臣が宮城県を訪れ村井知事と会談をしたようだ。話の解る政権になって本当に良かったですね。官僚主導で行っていた民主党政権では被災地現場の話が解らなかった。解ろうとしなかった。震災から今日までの時間がこれほどもったいなかったのか実感すると具合が悪くなる。国土交通相と経済再生相ですから一番ベースになるところであります。着実に一歩一歩進めていきましょう。
県議会としても話しやすくなったことは言うまでもなく、各委員会、特別委員会、議連もこれまで以上に活発に動き出すことでしょう。

道徳教育復活

民主党政権ではないがしろにされていた道徳教育が復活するようだ。事業仕分けで縮減されていた予算・道徳教材を来年度から配布する。道徳教育の充実が大事であり、民主党政権からの軌道修正である。当たり前のことではあるが、朝鮮学校への高校授業料無償化も適用しない方針を決定したようである。日本教育もやっとまともになってきた感じである。そもそも、事業仕分けで戦前の修身を復活させるなどとバカなことを言っていた者がいたのであるから、民主党が大敗するのもよく理解できるのである。

謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
今年は蛇年、私の年であります。昨年同様、復旧・復興に全力をあげてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

外交に関する世論調査

中国に親しみを感じないと答えた人の割合は80.6%、韓国に親しみを感じないと答えた人の割合は59% と高い数字となったようである。日本人は領土問題で大使館や工場やデパートに火をつけたり、破壊したり、それに紛れて商品を奪うというようなことは決してやらない。ましてや、それを見て見ぬふりするような政府でもない。人間性の問題であり、この調査結果はまともである。米国上院でこの問題の尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象であることが確認された。当然のことではあるが、中国がどのような反応を起こしてくるのだろうか。尖閣諸島に石油など資源が豊富にあることが分かった時点から「自分たちの領土だ」と主張するのですから「盗人たけだけしい」とはこういうことですね。

日本未来の党分裂

分裂ではなく分党だそうです。ぶっ壊れたことに変わりはない。だいたい社民党の阿部知子さんと小沢さんが同じ傘の下にいること自体無理があります。怖いものです。選挙に勝つためには目をつぶるのです。阿部知子さん福島さんよりずっと良かったのに、あの嘉田由紀子知事にやられました。そもそも滋賀県の議会議員は何をしているのでしょうか。県知事が辞職もせず、滋賀県をほっぽっておいて国政に走り回っているというのに、不信任も出さないのか。なさけなかぁ。これだけ迷惑をかけたのですから、嘉田さんは一日も早く辞めるべきだと思う。

世襲議員

世襲議員をなくせ、とか健全な民主主義を取り戻せ、とかわけのわからんことを言う方がいる。特に選挙となると決まったように出てきます。民主党と自民党の世襲割合が大きく違うため民主党びいきのマスコミはたたくのです。華道、茶道、舞踊、能、歌舞伎は問題なく誰もが認める世界だそうだ。それこそやりたい人に門戸を閉ざしてはいないか。祖父がやっていた、父がやっていた、だからあなたはダメなのです。医者は、歯医者は、教師は、世間を見渡すと多いと思いますけどね。しかし、政治家は選挙で選ばれます。陰で一方的に決められるものではありません。有権者が選ぶのですから投票の自由を制限することもおかしいと思われる。とにかく、役に立たない奴を選ばなければいいのである。