記事一覧

すべての拉致被害者を救うぞ!国民大集会

ファイル 216-1.jpgファイル 216-2.jpgファイル 216-3.jpg

27日日比谷公会堂に於いて全国からの賛同者が集い開催されました。飯塚代表の挨拶の後、横田滋さんから安倍総理に1000万筆署名が手渡されました。曽我ひとみさんからは「いつか、いつか絶対に日本に帰れる」と諦めないで頑張って来た。まだ北朝鮮にいる方達も同じだと思う、力をお借りしたいと訴えられました。安倍総理からも今年は「勝負の年」の延長戦だ。全閣僚が同じ目標に向かって、北朝鮮に対して対峙していくと力強い発言がありました。古屋拉致問題担当大臣の話も分かりやすくなかなか良かったと思います。西村眞悟日本維新の会は迫力抜群ではありましたが問題発言かも。私個人としては好きですが。

日本会議地方議員連盟総会

ファイル 215-1.jpgファイル 215-2.jpgファイル 215-3.jpg

26日衆議院第一議員会館において平成25年度総会が行われた。
「地方から誇りある国づくりを」をテーマに憲法改正、尖閣諸島を守る、盤石な皇室制度、教育改革、英霊追悼などやらなければならない問題が山積であります。地方から発信し行動していかねばなりません。平沼衆議院議員からは憲法96条改正について、下村文部科学大臣からは教育改革について言及がありました。記念講演会では百地 章氏・西 修氏からは96条改正は今回絶好のチャンスと檄が飛びました。また、櫻井よしこ先生は尖閣諸島問題にふれ、アメリカに頼ってばかりではいけない。自分の国は自分で守るような気概が必要だとの話がありました。

広渕沼地区基盤整備事業安全祈願祭

ファイル 212-1.jpgファイル 212-2.jpgファイル 212-3.jpg

18日遊楽館かなんホールにおいて行われた。3・11の震災で地盤沈下が出て2年ぶりの事業再開となったものであります。スタートから関わってきた者としては感慨深いものがあり、誠にうれしいかぎりであります。県内最大規模698ヘクタールで総事業費78億8000万円、1ヘクタールの大区画へ再整備、用水のパイプライン化、農道の整備など。ひとめぼれ、ササニシキの美味しい米をどんどん作って欲しいのもです。これで鹿又地区がスタートすれば旧河南町も70~80%の整備に到達するはずである。

宮城県産ぎんざけ応援イベント

ファイル 211-1.jpgファイル 211-2.jpgファイル 211-3.jpg

16日イオン新名取店で宮城県産ぎんざけ応援イベントが行われた。3・11で甚大な被害を受けながらも復興に向け懸命に取り組んでいる生産者の一助となるべく、全国に広がるグループの販売網を活用し協力していただいております。イオンリテール㈱様、JFみやぎ、宮城県、そして我々水産漁港議連メンバーの意見交換後、ぎんざけ試食販売、抽選会がおこなわれました。お客様方にも宮城県の水産業復興のためなお一層のご協力をお願い致しました。

櫻井よしこ先生講演

ファイル 210-1.jpgファイル 210-2.jpg

昨夜、江陽グランドホテルで自由民主党宮城県連政経セミナーが行われた。講師が櫻井よしこ先生というこもあり超満員となった。個人的にも私は思想・考え方で彼女が大好きでありまして、彼女が理事長を務める国家基本問題研究所の会員でもあり、東京の勉強会にも出ております。一時間ちょうどにノー原稿で話をまとめ上げ、難しい話にも関わらず飽きさせない、素晴らしい講演であった。あれだけしっかりした考え方をはっきり言う方もいない。中国の方々にも聴いてほしかったと思います。ついでに稲田朋美君も好きです。

石巻高等技術専門校入学式

ファイル 208-1.jpgファイル 208-2.jpg

9日 宮城県石巻高等技術専門校の入学式に出席いたしました。自動車整備課、金属加工科、木工科合わせて32名の入学生であります。式の前に小野寺校長先生から3・11からの校舎・機械の整備進捗状況を聞き、今後の予算編成の参考にいたしました。式においては、私からは、ここの卒業生から素晴らしい技術を持った先輩方が輩出されていることと即戦力でこの地域の産業発展に寄与して欲しい旨を祝辞で話しました。

下村文部科学大臣女川町視察

ファイル 203-1.jpgファイル 203-2.jpgファイル 203-3.jpg

30日午後2時半女川第二小学校において、村上教育長から生徒のストレス、学力低下、体力低下、無気力生徒などの現状報告がありました。その後、女川第一中学校の3人の生徒から津波対策や石碑の提案がありました。文科省にも募金のペットボトルを置くという話があり話が弾みました。向学館では授業を受けている生徒の話を聞き、NPOカタリバさんからは学力向上の成果や人手不足の課題が提示されました。また、取り組みを全国に発信する機会を作ってくれないかという提案も出ました。

いのちを守る森の防潮堤

ファイル 202-1.jpgファイル 202-2.jpg

28日推進議員連盟と国の機関・県執行部との意見交換会が行われました。国からは復興局、水産庁、農政局、林野庁、森林管理局、地方整備局、環境事務所、県側は環境生活部、農林水産部、土木部、震災復興・企画部という錚錚たる顔ぶれであった。あんなに対立していたものが、どの部署でも実践しているではないですか。しかし、人工物による防潮堤と背面盛土植生の折衷案のようで、日本人の大好きなこっちも立てあっちも立ての感じある。

新「仙台塩釜港」発足シンポジウム

ファイル 201-1.jpg

国際拠点港湾・新「仙台塩釜港」発足記念シンポジウムが仙台ガーデンパレスで行われた。仙台塩釜港、石巻港、松島港はそれぞれ津波被害を受けましたが、この三港の統合により東北唯一の国際拠点港としてのブランド力を最大限に活かし、地域産業の復興と更なる飛躍を果たしていきます。講演は佐藤昭塩釜市長、トヨタ自動車㈱木村省二部長、日本製紙㈱藤崎夏夫常務取締役の三名でした。

道州制勉強会

ファイル 197-1.jpg

地方分権・広域連携議員連盟の勉強会があった。今回は自由民主党道州制推進本部参与の久世公堯元参議院議員と西村明宏衆議院議員を講師に迎え、道州制基本法案の概要と道州制の見通しについての勉強会と意見交換が行われた。