記事一覧

6月議会閉会

6月定例会が閉会いたしました。発議一件、意見書9件、94億の追加予算を可決。短い定例会ではありましたが、私としてはとても長く、大変気を遣う議会でありました。中山幹事長・石川政調会長には「お疲れ様でした」と労をねぎらいたいと思います。特に宮城県に医学部の新設を求める意見書、国会に憲法改正の早期実現を求めるための意見書、農協・農業委員会等の改革に関する意見書について、地方選再統一への公選法改正要望についてはぎりぎりまで汗をかいてもらいました。諸課題山積でありますので、これからも会派運営頑張って参りましょう。

スポーツ振興調査特別委員会

ファイル 365-1.jpgファイル 365-2.jpgファイル 365-3.jpg

「宮城県2020東京オリンピック・パラリンピック推進本部」の設置について執行部からの説明後、鈴木省三氏、中川善雄氏両名の参考人意見聴取がありました。鈴木氏からはオリンピックの促進対策および地域におけるスポーツ振興について、中川氏からはスポーツの新たな可能性についてご講演いただきました。子供の体力低下、脱メタボ、スポーツコミッション、スポーツ文化、トップアスリートの価値、子供たちの危機、三つの間、などなど・・・会議が進行していく中に宮城県の出遅れが感じられましたし、宮城県の子供たちの想像以上の体力低下が心配されました。早急な対策が必要であります。写真は左から鈴木省三氏、執行部、中川善雄氏

自由民主党富山県議会議員会来県

ファイル 359-1.jpgファイル 359-2.jpg

自由民主党富山県議会議員会の危機管理・防災対策等調査会の皆様総勢27名が視察にまいられました。23年7月に北上町、雄勝町、女川町、七ヶ浜町、東松島市の被災状況を視察していただき、今回3年経過した復旧・復興状況の課題についての調査訪問になった訳であります。県担当課長からの説明に多数の質問があり、参考になっていただければなぁと思います。懇親では富山県からの派遣職員5名も加わり大変有意義な時間となりました。富山県も美味しいお酒が多いのですが、石巻の墨廼江を大変気に入っていただき誠にうれしく思いました。

佐藤 勇栗原市長会派訪問

ファイル 356-1.jpgファイル 356-2.jpgファイル 356-3.jpg

佐藤 勇市長が我が会派に来られ、医学部設置についての協力を、とご挨拶されました。我が会派の県北議員会12名が明日知事に対いて「県北部地域への医学部新設を求める要望書」を提出する旨を答礼としてご挨拶いたしました。連携をとって応援していくことで会派がまとまりました。

代表質問

ファイル 348-1.jpgファイル 348-2.jpgファイル 348-3.jpg

第346回宮城県議会が開会され、2月27日自由民主党・県民会議33名を代表して質問させていただいました。当日は地元桃生町から50名の方々が応援に来ていただき緊張いたしました。傍聴終了後、村井知事との懇談、記念写真撮影、そして県庁でのセルフ食事を経験され、帰られました。楽しんでいただけたかなぁと心配しています。ご要望がありましたら続けていきたいと思います。なお当日の質問事項につきましては一般質問のコーナーに記載しております。

11月議会閉会

ファイル 337-1.jpgファイル 337-2.jpg

13日、補正約1100億円の予算など59議案を原案通り可決し11月定例会が閉会した。最終日の議長選については我が会派最後の最後まで話し合い調整を試みましたが、会長である私の力量不足のため投票という結果になってしまいました。公平に粛々と進めてきたつもりでしたが、やはり後味の悪い気持であります。選出されました安藤議長、渥美副議長には健康に留意され、待ったなしの復旧復興に邁進していただきたいと思います。22日間といたって短い議会でしたが、私としてはとても長く疲れた議会でありました。今疲労がドッと出ており何もしたくない状態です。これも中山幹事長と石川政調会長がいなかったら倒れていたのではないかとゾッとしております。本当にご苦労様でした。これからも至らぬ会長をよろしくお願い申し上げます。

本議会終盤

ファイル 334-1.jpg

11月議会も本日予算分科会を迎える。補正予算1100億円の審議である。会派としては各常任委員会の正副、議運の正副、予特の正副、特別委員会の正副までなんとか決めることが出来ました。残るは議会議長・副議長の選任である。あとひと踏ん張りである。中山幹事長・石川政調会長には頭が下がります。

11月議会開会

ファイル 327-1.jpgファイル 327-2.jpg

11月議会が招集されました。12:15から県議会ラウンジコンサートがあり仙台市出身の直江慶子さんのピアノ演奏でスタートいたしました。13:00からは知事の提案説明後、議会運営委員会、各常任委員会、予算特別委員会が設置され、委員長・副委員長の互選があります。16:30までの長時間になります。会派会長として最初の議会であり、各委員会スムーズに進むことを願うだけであります。

予特理事会

ファイル 318-1.jpgファイル 318-2.jpg

平成26年度予算調製方針の説明、質疑について議題とした。答弁者の登壇については各会派の意見の一致がみられず、これまでの通りとなりました。7日の質疑は13時から16時42までとなります。予算特別委員長として最後の仕事になります。

第342回宮城県議会招集

3日9月定例会が招集されました。今議会は決算もあり31日間の長丁場になります。補正予算は一般会計で371億、総計で627億であります。予算外議案については、条例議案11件、条例外議案43件提案されました。復旧・復興予算がメインであります。 11日が代表質問、12日から4日間が一般質問というスケジュールで進行します。村井知事の出馬表明は我が会派の代表質問に答える形で述べられるようです。

ページ移動